成功と失敗をくり返しながらこどもの自立をうながすトイレトレーニング方法

トイレトレーニングとは、育児の上でトイレでおしっこやウンチをするという基本的な生活習慣を子どもに身に付けさせることです。赤ちゃんはは生まれたときからオムツをして、好きなときに好きな所で、おしっこやウンチをしてきました。赤ちゃんにとってはオムツのほうがずっと楽なのですから、育児でトイレトレーニングをしてトイレでおしっこやウンチをすることを覚えさせるのは簡単なことではありません。ほうっておいても自発的にトイレを覚えるということはないのですから、トイレトレーニングが必要な時期が来たら、熱心に根気強く教えることが大切な育児となります。トイレトレーニングを始める時期は成長や発達の度合いによって違ってきますが、オムツはいつかは絶対にはずさなければなりません。トイレトレーニングはあせらず、おむつからパンツにする3歳前ぐらいから気長に行っていきましょう。上手にできたときは必ずほめてあげましょう。成功と失敗をくり返しながら、徐々におしっこやウンチとトイレがうまく結びついてきます。それまでは親子で楽しくトレーニングを続けていきましょう。トイレトレーニングにはいくつかコツがあります。

トイレトレーニングに役立つ関連商品はこちら★★>>

気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 2 検索窓

[ナイスな情報]

おしっこが数時間おき、自分で歩ける、言葉に答えられるようになったらトイレトレーニング開始

トイレトレーニングではまずトイレに興味を持たせることから始めましょう。トイレに行きたいと思わせるのです。たとえばトイレに好きなおもちゃを置いたり、楽しいポスターやシールを張ったりして、トイレは楽しくおしっこをするところというイメージを持たせるのです。補助便座を用意して使いやすくしておくことも大切です。トイレトレーニングはいつ始めたらよいでしょう。2歳を超えると膀胱におしっこを溜められるようになると言われていますが、子どもの発育には個人差があります。2歳前にオムツが取れてパンツにできる子もいれば、3歳になってもオムツをしている子もいます。年令だけでは判断できません。いきなりパンツをはかせてもトイレができるようになるわけではありません。次の3点を目安にしてください。まず、おしっこの間隔が2〜3時間くらいになっていること、次に自分で歩けること、それから大人の言葉が理解でき、それに対して言葉や身振りで答えられることです。トイレトレーニングは夏場にするのがいいと言われていますが、今は冬でも暖房で暖かいのであまり季節は気にせずに、あくまで子供の成長や発達の度合で決めることが一番に考えていい時期を見つけましょう。

赤ちゃんのトイレトレーニング「おむつバイバイ」はこちら★★>>

トイレトレーニングの成功ポイント、始めるタイミング、声かけタイミング、ほめるタイミング

トイレトレーニングを成功させるには3つのポイントがあります。すなわち、始めるタイミング、声かけをするタイミング、ほめるタイミングの3つです。トレーニングを始めたら、声かけのタイミングに気をつけましょう。朝起きたとき・出かける前・寝る前など、おしっこが出そうになる少し前に「トイレに行こうね」と声をかけましょう。声をかけるタイミングが良くて、うまくおしっこが出たら子どもは達成感を得られますし、たとえおしっこが出なくても、声をかけることで子供におしっこを気づかせることになります。トイレトレーニングにとって、おしっこやウンチをしようとする子供をほめるタイミングがいちばん大切です。初めて自分の意志で排泄することは、子どもにとっては未知の経験で不安もいっぱいです。不安を解消してくれるのは、いつもそばにいるママしかいません。ちょっとしたことでも大げさにほめてあげれば、子どもの自信になります。トイレトレーニングは子供の自立をうながす大切なしつけです。トイレでおしっこやウンチができるようになることは、子どもにとってたいへんな自信になり自立への一歩となります。

アマゾンで買えるトイレトレーニング関連商品はこちら★★>>

Yahoo!<<<|Copyright © 2008 lifeたろぞう