お歳暮の由来は兄弟が親もとにお正月頃に供え物を持って集まったことからなんだそうです

冬ですね。冬といえばお歳暮の季節です。お歳暮の季節になると、「ああ今年も終わりだなぁ」なんて思ってしまいますね。しかし、日頃何気なく義務として贈っているお歳暮。そんなお歳暮の時期やマナーってきちんと考えたことありますか?周りがそうしてるから、自分もやっている、という程度だったりしません?お歳暮の時期やマナーは結構大切なことですよ。お歳暮の時期やマナーを知っていると知らないのとではだいぶ違ってきます。そう、何もかもがです。きちんとお歳暮の時期やマナーを知って、何故お歳暮というものがあるのかについて考えてみましょう。というわけで今回はお歳暮について、お歳暮の時期やマナーについて、由来や意味も含めてお話していきましょう。まずお歳暮って何なんだ?どういう意味があるの?と思いますよね。お歳暮は文字の通りなんですよ。よく読んでみてください。「歳」は「年」と置き換えてみてくださいね。さあ、意味は?そう、年の暮れという意味なんです。これがお歳暮の意味。次に由来をお話しましょう。由来は遥か昔にさかのぼります。日本の昔の慣わしなんですって。例えばお嫁に行ったり、本家・分家なんてものありますよね。その分家の者が親のもとにお正月あたりに供え物を持って集まった、これが由来だと言われています。そのうち、年越しの際にお供え物を贈るようになり、今に至ったというわけです。これがお歳暮の由来。

お中元 お歳暮の関連商品はこちら★★>>

気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 2 検索窓

お歳暮を贈る時期は12月1日から23日頃。喪中の場合は「のし」を付けずに贈ります。

さて、お歳暮の意味、由来をお話したところで、お歳暮の時期やマナーについて、お話を移していきましょう。お歳暮の時期やマナーはとても大切なことですから、よく覚えておいてくださいね。お歳暮を贈る時期は12月1日から23日くらいまでに贈るものです。これは地域で若干違うようですね。関西だと13日くらいからお歳暮シーズンがくるようです。これでお歳暮の時期やマナーの時期がわかりましたね。さて今度は、お歳暮の時期やマナーのマナーの方です。贈るギフトは何にしたら良いんでしょうか。ギフトの選び方は相手によります。相手の希望ががわかる場合は、その希望のジャンルのものをギフトに選び、どうしていいかわからない場合は、長く残らないものをギフトとして選ぶのがマナー。食品なんて良いですよ。今は「産地直送」なんていうものもありますし、産地直送のものは新鮮ですし、ギフトとして喜ばれるかもしれませんね。産地直送のものは少し値が張ります。ですから、産地直送のものを贈る相手は、非常にお世話になった方に贈るのがベストでしょう。次に、喪中だったならどうするか。喪中でも贈り物であり、めでたい祝い事ではないので贈っても大丈夫です。しかし、通常はのしをつけて贈るのが普通なんですが、のしはつけないことです。のしというのはめでたいことの象徴として使われることが多いので、のしを付けてしまうと少し不謹慎です。のしは必ず外し、四十九日以内であれば、贈る時期を少しずらしましょう。それがマナーです。

お歳暮のお返しは身内や友達の場合に同じ程度のお返しをすることが多いようです。

そして次にお返し。お返しは通常必要ないのですが、身内や友達の場合、同じ程度のお返しをすることが多いみたいですね。花を添えて贈るというのも喜ばれます。花といっても色々です。花束と贈り物、ドライフラワーなどの花と贈り物、添える程度でもぐんと「ありがとう」の気持ちがこもります。どんなお返しをするかは自由ですが、「花」というキーワードも覚えておくといいかもしれませんね。以上がお歳暮の時期やマナーでした。お歳暮のこと、少しは理解できましたか?漠然と「世話になったから贈る」と考えているより、こうやって理由を知っている方がぐんと意識が高まりますよね。お歳暮は心をこめて贈るものです。マナーなどにも気をつけなくてはいけません。今まであまり何も考えずに贈っていませんでしたか?お歳暮は日本古来からきています。とっても奥が深いものなんですよ。贈り物が義務化してしまうと、少し寂しいですよね。やっぱり心がこもっていないと流れ作業みたいでつまりませんし、味気ない。お歳暮の時期やマナーを知って、お歳暮というものに向き合って、初めてその大切な慣わしに気付くんです。ギフトはあなたが選ぶもの。この人なら、これかな。この人はこっちが好きそうだな、なんて思いながら選んでいくんですよ。お歳暮の時期やマナーは教訓です。それをしっかり頭に入れると、絶対に今までのダラダラとは違ってくるんですよ。初めてお歳暮を贈るという方はとってもラッキーです。お歳暮の時期やマナーをきちんと先に知れたんですから。あとはあなたの感謝の気持ちだけ。冬の終わりに行われるお歳暮。有意義なイベントにするためにも、自意識をしっかりと持って臨んでくださいね。

Yahoo!<<<|Copyright © 2008 lifeたろぞう